Deep Truths Header
Deep Truths
"...for the Spirit searcheth all things, yea, the deep things of God."
--1 Corinthians 2:10b

www.deeptruths.com
Menu

Was There Really a Noah’s Ark and Flood?

--By Ken Ham

Reprinted October 2014

Copyright © 2005 Answers in Genesis- U.S. Answers in Genesis -U.S.A All rights reserved. No part of this book may be used or reproduced in any manner whatsoever without the written permission from the publisher. Bulk prices available upon request.

本当にノアの箱舟と洪水はあったのか?
ケン・ハム

2014年10月転載

著作権©2005 Answers in Genesis -US, Answers in Genesis USA -「不許複製」。 本書のいかなる部分も、出版社の書面による許可なく、いかなる方法でも使用または複製することはできません。 大量注文価格につきましてはご要望に応じてご相談下さい。

For more information write: Answers in Genesis, PO Box 510 Hebron KY 41048.

詳細については、Answers in Genesis, PO Box 510 Hebron KY 41048, USA にお手紙ください。

Printed in China

印刷地 中国

Was There Really a Noah’s Ark and Flood?

By Ken Ham

President, Answers in Genesis -USA

本当にノアの箱舟と洪水はあったのか?
ケン・ハム

Answers in Genesis -USAの代表取締役

The account of Noah and the Ark is one of the most widely known events in the history of mankind. Unfortunately, like other Bible accounts, it is often taken as a mere fairy tale.

ノアと箱舟の記述は、人類史上最も広く知られている出来事の一つです。 残念なことに、他の聖書の記述のように、それは単なるおとぎ話と思われがちです。

The Bible, though, is the true history book of the universe. In that light, the most asked questions about the Ark and Flood of Noah can be answered with authority and confidence.

しかし、聖書は、真の宇宙の歴史の本なのです。 その点において、最もよく聞かれるノアの箱舟と洪水に関する質問については権威と自信をもって答えられます。

How Large Was Noah’s Ark?

ノアの箱舟の大きさはどれぐらいあったのか?

The length of the ark shall be three hundred cubits, the breadth of it fifty cubits, and the height of it thirty cubits (Genesis 6:15)

その造りは次のとおりである。すなわち箱舟の長さは三百キュビト、幅は五十キュビト、高さは三十キュビトとし、(創世記6章15 節)

Unlike many whimsical drawings that depict the Ark as some kind of overgrown houseboat (with giraffes sticking out the top, for example), the Ark as described in the Bible was a gigantic vessel. Not until relatively recent times (in the late 1800s) was a ship built that exceed the capacity of Noah’s Ark.

ノアの箱舟が家の形をした大きな船で(例えば、キリンが屋根から突き出ている)と言うように描写している多くの一風変わった絵とは違って、聖書に書かれている箱舟は巨大な船でした。 比較的最近(1800年代後半)まではノアの箱舟程の容量を超えた船は造られていません。

The dimensions of the Ark are still impressive today, even when compared to many modern ocean-going ships: at least 450 feet long, 75 feet wide, and 45 feet high. 1 When you multiply these three figures together, you get a better idea of the gigantic capacity of this great ship – about 1.5 million cubic feet!

多くの近代的な海洋船と比較しても、ノアの箱舟の大きさは今日でも印象的です。長さ137メートル、幅23メートル、高さ14メートルです。1 これらの3つの数字をかけると、ノアの箱舟は約4万4110立方メートルの巨大な容量を持つ偉大な船である事がわかります!

(Picture caption)

One of the stunning exhibits in the Creation Museum near Cincinnati, Ohio, is devoted to the construction of the Ark.

オハイオ州シンシナティ近郊にある創造博物館での驚くほど素晴らしい展示品のひとつは、箱舟の建設をテーマにしています。

Modern container ships are loaded with standardized steel boxes that measure eight feet high by eight feet wide by 40 feet long. Noah’s Ark could have been loaded with over 500 such containers.

現代のコンテナ船には、高さ 2.4メートル、幅 2.4メートル、長さ 12.2メートルの標準化されたスチールボックスが装備されています。 ノアの箱舟にはそのようスチールボックスが500以上積むことができた可能性があります。

The Ark has the same proportions as a modern cargo ship.

ノアの箱舟は、現代の貨物船と同じ幅、長さと高さの比率があります。

How Could Noah Fit All the Animals on the Ark?

ノアはどのようにすべての動物を箱舟に入れることができたのでしょうか?

In the book Noah’s Ark: A Feasibility Study, author John Woodmorappe suggests that, at most, 16000 animals were all that were needed to preserve the created kinds that God brought into the Ark.

ノアの箱舟:実現可能性調査」の著者John Woodmorappe(ジョンウッドモラッペ)は、神が創造されたタイプを保存するのに箱舟に連れてきた必要な動物数は、最大でも16,000匹であると言っています。

And of every living thing of all flesh, two of every sort shalt thou bring into the ark, to keep them alive with thee; they shall be male and female. (Genesis 6:19)

またすべての生き物、すべての肉なるものの中から、それぞれ二つずつを箱舟に入れて、あなたと共にその命を保たせなさい。それらは雄と雌とでなければならない。 (創世記 6章 19 節)

The Ark did not need to carry every kind of animal … nor did God command it to. It carried only air breathing, land dwelling animals, creeping things and birds. Aquatic life (fish, whales, clams, etc.), insects, and many amphibious creatures could have survived in sufficient numbers outside the Ark. This cuts down significantly on the total number of animals that needed to be on board.

箱舟はあらゆる種類の動物を運ぶ必要はなく、神もそれを命じられませんでした。 箱舟は空気呼吸、土地に住む動物、這うもの、鳥だけを運びました。 水生生物(魚、クジラ、ハマグリなど)、昆虫、および多くの水陸両生類は、箱舟の外で十分な数で生き残っている可能性があります。それが理由で、箱舟に乗る必要があった動物の総数は大幅に少なくなります。

Another factor that greatly reduces the space requirements is this: the tremendous variety in species we see today did not exist in the days of Noah. Only the parent “kinds” of these species were required to be on board in order to repopulate the earth.2 For example, only two dogs were needed to give rise to all the dog species that exist today.

空間要求を大幅に削減するもう1つの要因は、ノアの時代には動物の種の驚異的な多様性はありませんでした。この種の親の「種類」だけが、地球を再播種するために箱舟に乗る必要がありました。2例えば、今日存在するすべての犬種を生むには2匹の犬しか必要なかったのです。

Creationist estimates for the minimum number of animals that would have been necessary to come on board the Ark have ranged from 16,000 to 35,000.

箱舟に乗る必要だった最小限の動物数についての天地創造説支持者の見積もりは、1万6000匹〜3万5000匹です。

How Could Noah Build the Ark?

ノアはどのように箱舟を建てることができたのか?

The Bible does not tell us that Noah and his sons built the Ark by themselves, and Noah could have hired skilled laborers. However, there is no reason to believe that they could not – or that they did not – build the Ark between themselves in just a few years.

聖書は、ノアとその息子たちが自分で箱舟を建てたと書いてありません。ノアが熟練した労働者を雇ったかも知れません。 しかし、たった数年かけて、ノアと息子たちは箱舟を建てなかったし、建てる事ができなかった、と思う理由にはありません。

The physical strength and mental processes of men in Noah’s day was at least as great as (quite likely, even superior to) our own. They certainly would have had efficient means for harvesting and cutting timber, as well as for shaping, transporting, and erecting the massive beams and boards required.

ノアの時代の人の体力と精神機能は、少なくとも私たち自身のものと同じくらいだっだし、もしかしたらより優れていたかも知れません。 その時代の人間は確かに植林や伐採するための効率的な手段を持っていただけでなく、必要とされる巨大な梁と板を形作り、運搬し、建てるための効率的な手段を持っていたに違いありません。

If one or two men today can erect a large house in just 12 weeks, how much more could three or four men do in a few years? Adam’s descendants were making complex musical instruments, forging metal and building cities – their tools, machines and techniques were not inferior to the ones we use today.3

1-2人の男性が現代12週間で大きな家を建てることができれば、3-4人の男性で数年間あればどれだけ多くのことができるでしょうか? アダムの子孫たちは、複雑な楽器を作り、金属を鍛造し、都市を建設していました。彼らの道具、機械、技術は、現在私達が使用しているものと同じくらい優れていたのです。3

It is evident from examining the “mysteries” of earlier civilizations that the human race has likely lost just as much (maybe even more) knowledge from before the Flood as it has gained since that time. The idea that ancient generations were more primitives than ours is an evolutionary concept.

以前の文明の「謎」を調べていると、ノアの洪水前の人類の知識の量は今日の人類の知識量と同じかも知れないし、さらに多くの知識があったかも知れません。 古代の世代が私たちよりも原始的であるという考えは、チャールス・ダーウィンの進化論から始まっています。

In reality, when God created Adam, he was perfect. Today, the human intellect has suffered from 6,000 years of sin and decay – though computers (a tool designed and built in the last 60 years) are compensating a great deal for our natural decline in mental processing power, permitting us to gather and store information as perhaps never before.

実際には、神がアダムを創造した時、アダムは完璧でした。6000年前に神の道徳を破ったことによって、今日の人間の知性は衰退してしまいました。しかしながら、コンピュータ(過去60年間に設計され構築された道具)は、私たちの精神的処理能力の自然な低下に対して多くを補っています。 コンピュータは、今までにも増して、情報を集め保存することを可能にしました。

How Could Noah Fit the Dinosaurs on Board?

どのようにしてノアが恐竜を箱舟に乗せたのでしょうか?

Most dinosaurs were not very large at all, – some were the size of a chicken (although absolutely no relation to birds at all, as most evolutionists are now saying)! Most scientists agree that the average size of a dinosaur is actually the size of a sheep. All dinosaurs, of course, were relatively small at one time; when they were young.

ほとんどの恐竜はそんなに大きなものではありませんでした。あるのは鶏の大きさでした。しかし、 ほとんどの進化論者が言っているように、恐竜は全く鳥と関係がありません! 科学者は、恐竜の平均的な大きさは実際には羊の大きさであると考えています。 もちろん、すべての恐竜は、幼い時は比較的小さいものでした。

(Picture caption)

Even a T. rex (this model is on display with many other dinosaurs, including animatronic ones, in the Creation Museum) was on the Ark, although probably not fully grown.

おそらく完全には成長していないかもしれないが、ティラノサウルス・レックスでさえ、箱舟にいました。(このモデルは、創作博物館のアニマトロンのものを含む多くの他の恐竜と共に展示されています。)

For example, God most likely brought Noah two young adult sauropods (Apatosaurs, for example), rather than two full grown sauropods. The same goes for elephants, giraffes, and other animals that grow to be very large. However, there was adequate room for most fully grown adult animals anyway.

例えば、神は、2匹の完全に成長した竜脚類恐竜ではなく、ノアに2匹の幼い竜脚類恐竜(例えば、アパトサウルス)を連れてきたのでしょう。 象、キリン、またはそういった非常に大きくなる他の動物も同じです。 しかし、いずれにしても、成長しきった殆どの動物のために箱舟には十分な場所がありました。

As far as the number of different types of dinosaurs, it should be recognized that although there are hundreds of names for different varieties (species) of dinosaurs that have been “discovered,” there are probably about 50 actual different kinds.

異なる種類の恐竜の数については、発見された恐竜の種には数百の名前がありますが、おそらく実際には約50の異なる種類があると言えるでしょう。

How Could Noah Round up So Many Animals?

どのようにしてノアはそんなにたくさんの動物を集めることができたのか?

Of fowls after their kind, and of cattle after their kind, of every creeping thing of the earth after his kind, two of every sort shall come unto thee, to keep them alive. (Genesis 6:20).

すなわち、鳥はその種類にしたがい獣はその種類にしたがい、また地のすべての這うものも、その種類にしたがって、それぞれ二つずつ、あなたのところに入れて、命を保たせなさい。(創世記6章 20 節)

This verse tells us that Noah didn’t have to search for the animals, or travel to far away places to bring them on board. And on the basis of Genesis 1, most creationists believe there was only one continent before the Flood. The animals simply arrived at the Ark, as if called by a “homing instinct” (a behavior implanted in the animals by their Creator) and marched up the ramp, all by themselves!

この聖句はノアが動物を探したり遠く離れた場所を旅したりする必要がなかったことを伝えています。 創世記1章に基づいて、ほとんどの創造説支持者は、洪水の前に大陸が1つしかないと信じています。 動物は単に「帰郷本能」(創造主によって動物に植え付けられた行動)によって呼び出され、箱舟の傾斜台を登りました!

Though this is a supernatural event (one that cannot be explained by our understanding of nature), it is certainly within God’s ability. Even today, we are far from understanding all of the marvelous animal behaviors exhibited in God’s creation: the migrations of Canada geese and other birds, the amazing flights of Monarch butterflies, the annual travels of whales and fish, hibernation instincts, earthquake sensitivity – and countless other fascinating capabilities of God’s animal kingdom.

これは超自然的な出来事(人知では計り知れないもの)ですが、神に出来ないことではありません。今日でさえ、私たちは神の創造に見られる動物の素晴らしい習性、すなわちカナダのガチョウや他の鳥の移動、モナーク蝶の飛行、クジラと魚の毎年の移動、冬眠の本能、地震への感受性、そして 神の動物王国の数え切れないほどの魅力的な能力は人間の知識を遥かに超えています。

Were Dinosaurs Extinct before the Flood, Some 4500 Years Ago?

洪水は4500年前でしたが、それ以前に、恐竜はもうすでに絶滅していたのではありませんか?

The account of God’s creation (told in Genesis 1 and 2) tells us that all of the land dwelling creatures were made on Day Six of Creation Week, the same day that God made Adam and Eve. Therefore it is clear that dinosaurs (being land animals) were made with man.

神の創造の記述(創世記1章と2章で述べられています)は、地上に住むすべての生き物が、神がアダムとイブを作った同じ日に、創造週の6日目に作られたと教えています。 それゆえ、恐竜(陸生動物)は人間と同じ時に生きていたことは明らかです。

Also two of every kind (seven of some) of land animal boarded the Ark. There is no reason to believe any of the land animal kinds were already extinct before the Flood. Besides, the description of “behemoth” in the book of Job (chapter 40) only fits with something like a sauropod dinosaur. The ancestor of “behemoth” must have been on board the Ark.4

また、あらゆる種類の陸生動物のうちの2匹 (雄と雌)(一部の動物のうちの7組)が箱舟に乗りました。陸生動物種のどれも既に洪水の前に絶滅したと信じる理由はどこにもありません。 さらに、ヨブ記の「ビヒモス」(第40章)の記述は、竜脚類恐竜のようなものにしか適合しません。 「ビヒモス」の祖先は、箱舟に乗っていたはずです。

How Did Noah Care for All the Animals?

ノアがすべての動物をどのやって世話をしたのか?

Just as God brought the animals to Noah by supernatural means, He surely also prepared them for this amazing event. Scientists who believe in Creation suggest that God gave the animals the ability to hibernate, as we see in many species today. Most animals react to natural disasters in ways that were designed to help them survive. It’s very possible many animals did hibernate, perhaps even supernaturally intensified by God.

神が超自然的手段で動物をノアに連れてきたのと同じように、神は確かにこの驚くべきイベントの為に動物に耐える能力を与えられた。 天地創造を信じている科学者たちは、今日、多くの種に見られるように、神が動物に冬眠する能力を与えたことを示唆しています。 ほとんどの動物は生き残るために計画的な方法で自然災害に反応します。 箱舟にいる多くの動物が冬眠し、恐らくそれは神によって超自然的に増強された可能性があるのです。

Were we able to walk through the Ark as it was being built, we would undoubtedly be amazed at the ingenious systems on board for water and food storage and distribution. Woodmorappe explains in his book, Noah’s Ark: A Feasibility Study, a small group of farmers today can raise thousands of cattle and other animals in a very small space. One can easily imagine all kinds of devices on the Ark that would enable a small number of people to feed and care for the animals, from watering to waste removal.

箱舟が建設されていたときにその中を歩くことができたなら、間違いなく水と食糧の貯蔵と分配のための船内の独創的なシステムに驚くことでしょう。 著者ジョンウッドモラッペは、その著書 「ノアの箱舟:実現可能性調査」で説明するように、現在の小規模な農家は非常に狭い場所に何千頭もの牛や他の動物を育てることができます。 箱舟には、少数の人々が給水から廃棄物除去まで、動物を飼育し、世話することを可能にするあらゆる種類の装置があったことを容易に想像できます。

As Woodmorappe points out, no special devices were needed for eight people to care for 16,000 animals. But if they existed, how would these devices be powered? There are all sorts of possibilities. How about by gravity? Wind? And the motions of the Ark? Who knows what technology Noah had available to him.

ウッドモラッペ氏が指摘しているように、1万6000匹の動物を8人の人が世話するために、特別な装置は必要ありませんでした。 しかし、特別な装置があったならば、どのように動力が供給されたでしょう? あらゆる可能性があります。 重力はどうですか? 風? そして箱舟の動きは? ノアにはあらゆる技術があったかも知れません。

How Could a Flood Destroy Every Living Thing?

洪水はどのようにすべての生き物を滅ぼすことできたのか?

And all flesh died that moved upon the earth, both of fowl, and of cattle, and of beast, and of every creeping thing that creepeth upon the earth, and every man: All in whose nostrils was the breath of life, of all that was in the dry land, died. (Genesis 7:21-22)

地の上に動くすべて肉なるものは、鳥も家畜も獣も、地に群がるすべての這うものも、すべての人もみな滅びた。 すなわち鼻に命の息のあるすべてのもの、陸にいたすべてのものは死んだ。(創世記 7章 21ー22 節)

Noah’s Flood was much more destructive than any 40-day rainstorm ever could be. Scripture says that the “fountains of the great deep” were broken open. In other words, earthquakes, volcanoes, and geysers of molten lava and scalding water were squeezed out of the earth’s crust in a violent, explosive upheaval. These fountain were not stopped until 150 days into the Flood – so the earth was literally churning underneath the waters for about five months!

ノアの洪水は、過去における40日間続いたいかなる暴風雨よりもはるかに破壊的なものでした。 聖書によれば、「大いなる淵の源」は、ことごとく破れました。 言い換えれば、激しい爆発的な激動の中で、地震、火山によって地殻から、溶融溶岩の間欠泉や、熱いお湯が圧搾されたと言うことです。 これらの噴水は、洪水の中に150日まで止まなかった - そのため、地球は文字通り約5ヶ月間水中で揺れ動いていました!

Relatively recent local floods, volcanoes, and earthquakes recorded by humans in more recent centuries – though clearly devastating to life and land – are tiny in comparison to the world-wide catastrophe that destroyed God’s original perfect earth. All land animals (and people) not on board the Art were destroyed in the flood-waters- billions of which were preserved in the great fossil (Flood) record we see today.

比較的最近の世紀に人間によって記録された比較的最近の地方の洪水、火山、地震は、生命と土地にかなり破滅的ではあるものの、神が元々造った完璧な地球を破壊した世界的な大災害と比較すると、小さなものです。箱舟に乗っていなかったすべての陸生動物(および人々)は、洪水によって破壊されました。その数十億は今日私たちが見る大きな化石(洪水)記録に保存されていました。

Where Did All the Water Come From?

洪水の水はどこから来たのですか?

In the six hundredth year of Noah's life, in the second month, the seventeenth day of the month, the same day were all the fountains of the great deep broken up, and the windows of heaven were opened. And the rain was upon the earth forty days and forty nights. (Genesis 7:11-12)

それはノアの六百歳の二月十七日であって、その日に大いなる淵の源は、ことごとく破れ、天の窓が開けて、 雨は四十日四十夜、地に降り注いだ。(創世記7章 11ー12 節)

The Bible tells us that water came from two sources: below the earth and above the earth. Evidently, the source for water below the ground was in great subterranean pools, or “fountains,” of fresh water, which were broken open by volcanic and seismic (earthquake) activity. These fountains perhaps supplied water for the rivers in the Garden of Eden, as well as the rest of the earth before the Flood.

聖書は、水は地下と地上の2つの源から来たと教えています。 明らかに、地下の水の供給源は、火山や地震活動によって開いた淡水の巨大な地中貯水池でした。 地中貯水池はおそらく、エデンの庭の川や、洪水以前の地球の残りの部分に水を供給していたのでしょう。

Where Did All the Water Go?

洪水の水はどこに行ったのでしょう?

As even secular geologists observe, it does appear that the continents were at one time “together” and not separated by the vast oceans of today. The forces involved in the Flood were certainly sufficient of change all of this. Scripture indicates that God formed the ocean basins, raising the land out of the water, so that the flood-waters returned to a safe place. (Some theologians believe Psalm 104 may refer to this event.) Some creation scientists believe this break-up of the continent was part of the mechanism that ultimately caused the Flood.

聖書を信じていない地質学者でさえ示唆しているいるように、大陸はかつて「陸続き」であり、今日のように広大な海で隔てられてはいなかったように思われます。 洪水には地形を変える程の十二分な力がありました。 聖書は、神が海の盆地を形成し、土地を水から持ち上げて洪水が安全な場所に戻ったことを示しています。 (一部の神学者は、第 104章がこの出来事を指しているのではないかと考えています。)一部の創造説を支持する科学者は、大陸が分かれたのは、最終的に洪水が起こる原因となったメカニズムの一部だと考えています。

(Text on pictures)

Look at that beautiful rainbow! It’s a promise from God that He’ll never again flood the entire earth as He did in Noah’s day!

その美しい虹を見てください! それは、決して再びノアの時代にしたような洪水を地球に起こす事はないと言う神の約束です。

My Christian college professor said that Noah’s Flood didn’t cover the entire earth.

私のキリスト教大学の教授は、ノアの洪水は地球全体を覆っていなかったと言った。

He told you it was just a “localized” flood?

教授はノアの洪水は「局地的」なものだと言ったのですか?

That’s what he said!

彼はそう言ったよ!

So he believers that God promised to never again send a “localized” flood?

だから、彼は神が 「局地的」な洪水をもう二度と送らないと約束したと思っているよね。

(End of pictures text)

Where Is the Evidence in the Earth for Noah’s Flood?

ノアの洪水が起きたという証拠は地球のどこにありますか?

For this they willingly are ignorant of, that by the word of God the heavens were of old, and the earth standing out of the water and in the water: (2 Peter 3:5)

すなわち、彼らはこのことを認めようとはしない。古い昔に天が存在し、地は神の言によって、水がもとになり、また、水によって成ったのであるが、 (第二ペトロ3章5節)

All over the earth, there is evidence of Noah’s Flood, from seabed to mountaintop. Whether you travel by car, train, or plane, the physical features of the earth’s terrain clearly indicate a catastrophic past, from canyons and craters to coal beds and caverns.

地上には、海底から山頂までノアの洪水の証拠があります。 車、電車、または飛行機のどちらで旅しても、地形の物理的特徴は、峡谷やクレーターから石炭の床や洞窟まで、壊滅的な過去を明白に示しています。

Approximately 75% of the earth’s crust is sedimentary rock. These layers of sand, soil, and material – mostly laid down by water – were once soft like mud, but now hardened like stone. Buried in these sedimentary layers are billions of dead things (fossils of plants and animals) buried very very quickly. The evidence all over the earth is staring everyone in the face!

地殻の約75%は堆積岩です。 これらの砂、及び土壌の層は、主に水に沈着していて、かつては泥のように柔らかいものでしたが、現在は石のように硬化しています。 これらの堆積層には、数十億の死んだもの(植物や動物の化石)がみるみるうちに埋もれています。

地球上のあらゆる痕跡が全ての人にさらされている!

(Picture)

A local flood is illogical.

ノアの洪水は局地的だったと考えるのは、非論理的です。

Where is Noah’s Ark Today?

現在ノアの箱舟はどこにありますか?

And the ark rested in the seventh month, on the seventeenth day of the month, upon the mountains of Ararat. (Genesis 8:4)

箱舟は七月十七日にアララテの山にとどまった。 (創世記 8章4節)

The Ark landed on the mountains (the Bible does not specify which actual mountain) in the region of Mt. Ararat in modern-day Turkey. Many expeditions have searched for the Ark there. There is no conclusive evidence of the Ark’s location or survival – after all, it landed on the mountains about 4,500 years ago, and could easily have deteriorated or been destroyed.

箱舟は現代のトルコのアララット山の辺りの山々に着陸しました。(聖書は実際の山を特定していません)。多くの探検旅行がそこで箱舟を探しました。 箱舟の場所や生存についての決定的な証拠はありません。結局のところ、約4500年前に山地に着陸し、単に劣化したり破壊されてしまった可能性があります。

Some scientists and Bible scholars, though, believe the Ark could indeed be preserved – perhaps to be providentially revealed at a future time as a reminder of the past judgment and the judgment to come.

しかし、ある科学者や聖書学者は、箱舟が実際に保存されている可能性があると思っています。おそらく、過去の裁きと来るべき裁きを思い出させるためであろうと。

Why Did God Destroy the Earth that He Had Made?

なぜ神はご自分の創造した地球を破壊したのですか?

And GOD saw that the wickedness of man was great in the earth, and that every imagination of the thoughts of his heart was only evil continually. (Genesis 6:5)

主は人の悪が地にはびこり、すべてその心に思いはかることが、いつも悪い事ばかりであるのを見られた。(創世記 6章5節 )

The verse speaks for itself. Every human being on the face of the earth, except Noah, his wife, his sons, and their wives, refused to turn away from sin, violence, and corruption. The result was God’s judgment. As harsh as the destruction was, no living person was without excuse.

この聖句は明白です。 ノア、妻、息子、息子の妻を除いて、地球上のすべての人は、神の道徳的な規則を破り、暴力、汚職を止めることを拒否しました。 結果は神の裁きでした。 破滅に至るほど厳しいものでしたが、あの当事の人に言い訳の余地はありませんでした。

God also used the Flood to separate and to purify those who believed in Him from those who didn’t. Throughout history and throughout the Bible, this cycle has taken place time after time. Separation and purification. Judgment and redemption.

神はまた、洪水を使って、神を信じなかった者と神を信じる者を分け、その信じる者の心を浄化しました。 歴史と聖書を通して、この繰り返しの一連の出来事は何度も起きました。分離と浄化。 裁きと救いです。

Without God – and without a true knowledge and understanding of Scripture, which provides the true history of the world – man is doomed to repeat the same mistakes over and over again.

神がいなければ、また世界の真の歴史を提供する聖書の意味と真の知識を理解しなければ、人は何度も何度も同じ過ちを繰り返すことになります。

How is Christ like the Ark?

キリストは箱舟の様ではないだろうか?

For the Son of man is come to save that which was lost. (Matthew 18:11)

人の子は、滅びる者を救うためにきたのである。(マタイによる福音書 18章11節)

As God’s Son, the Lord Jesus Christ is like the Ark – He came to seek and to save that which was lost. Just as Noah and his family were saved by the Ark, rescued by God from the waters of the Flood, so anyone who believes in Jesus as Lord and Savior will be spared from the coming final judgment of mankind, rescued by God from the fire that will destroy the earth after the Last Days.

神の御子として、主イエス・キリストは箱舟のようです - イエスは滅びる者を尋ね出して救うために来ました。 ノアと彼の家族が箱舟で救われたように、洪水の水から神によって救われたように、イエスを主と救い主として信じる者は、人類の最終的な裁きから救われます。 最後の日に地球を破壊する火から神によって救済されます。

Noah and his family had to go through a doorway into the Ark to be saved. So we too have to go through a “doorway” to be saved so we won’t be eternally separated from God. The Son of God, Jesus, stepped into history to pay the penalty for our sin of rebellion. Jesus said, “I am the door: by me if any man enter in, he shall be saved, and shall go in and out, and find pasture” (John 10:9)

ノアとその家族は、救われるために箱舟の扉を通って中へ入らなければなりませんでした。 ですから、私たちも、救われるために、永遠に神から離れないように、「扉」を通って行かなければなりません。 神の御子、イエスは、神に対して反抗する者達の罰を背負うために歴史に足を踏み入れました。 イエスは言われた、「わたしは門である。わたしをとおってはいる者は救われ、また出入りし、牧草にありつくであろう。」(ヨハネによる福音書10章9節)

Here’s the Good News

良き知らせ

Answers in Genesis seeks to give glory and honor to God as Creator and to affirm the truth of the biblical record of the real origin and history of the world and mankind.

Answers in Genesis (AiG)の目的は、創造主である神に栄光と名誉を与え、世界と人類の真の起源と歴史に関する聖書の記録の真実を証言することを目指しています。

Part of this real history is the bad news that the rebellion of the first man, Adam, against God’s command brought death, suffering and separation from God into this world. We see the results all around us. All of Adam’s descendants are sinful from conception (Psalm 51:5) and have themselves entered into this rebellion (sin). They therefore cannot live with a holy God, but are condemned to separation from God. The Bible says that “all have sinned, and come short of the glory of God” (Romans 3:23) .

この誠の歴史の一部分には、最初の人であるアダムが神の命令に反抗したが故に、人類に死と苦しみ、そして神からの離縁をこの世界にもたらしたという悪い知らせがあります。

私たちの周りにもその結果を見ることができます。アダムのすべての子孫は、生まれた時から罪を負っています。(詩篇51:5)私たち自身がこの神への反抗心(罪、神の道徳的な規則を破ること)があります。したがって、聖なる神と共に生きることが出来ず、神から離れてしまっていると告げられてしまったのです。聖書には、「なわち、すべての人は罪を犯したため、神の栄光を受けられなくなっており」と書いてあります。(ローマ人への手紙 第 3 章23節)

But the good news is that God has done something about it. “For God so loved the world, that he gave his only begotten Son, that whosoever believeth in him should not perish, but have everlasting life. (John 3:16)

しかし良い知らせとは、私たちが罪に定められることがないように神が取り計らってくださった、と言うことです。「神はそのひとり子を賜わったほどに、この世を愛して下さった。それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである。 」(ヨハネによる福音書 3章16節)

Jesus Christ the Creator, though totally sinless, suffered, on behalf of mankind, the penalty of mankind’s sin which is death and separation from God. He did this to satisfy the righteous demands of the holiness and justice of God, His Father. Jesus was the perfect sacrifice; He died on a cross; but on the third day, He rose again, conquering death, so that all who truly believe in His, repent of their sin, and trust in Him (rather than their own merit), are able to come back to God and live for eternity which their Creator.

創造主であるイエス・キリストは、全く罪がのなかったのに、私たちの為に罰を受けてくださいました。私たちの罪の故に受けるはずの罰というのは、魂の死、そして神との離縁です。イエス・キリストは、父である神の神聖と正義という尤もな必要を満たすために罰を受けてくださいました。 イエスは完璧な神へのいけにえとなって下さったのです。 イエス・キリストは十字架にかけられ、殺されましたが、三日目に死人の中から甦り、死を征服し、真の意味でイエスを神の子または救い主として信じ、神の道徳と規則を破るという罪を悔い改める事によって、(彼ら自身の益の為にではなく)イエスに信頼するすべての人が、神に戻って創造主と共に永遠に生きることが出来るのです。

Therefore: “ He that believeth on him is not condemned: but he that believeth not is condemned already, because he hath not believed in the name of the only begotten Son of God. (John 3:18)

だから、「彼を信じる者は、さばかれない。信じない者は、すでにさばかれている。神のひとり子の名を信じることをしないからである。」(ヨハネによる福音書 3章18節)

What a wonderful Savior – and what a wonderful salvation in Christ our Creator!

何と素晴らしい救い主、 そして、私たちの創造主であるキリストにおいて何と素晴らしい救いがあるのだろう!

Request
James Arendt
James Arendt

Dear Visitor, if this article or website has been a blessing to you, would you please consider to send me a gift through Paypal for my support as a missionary in Japan? I am 67 years old with no steady income. I am also the webmaster of jamesjpn.net and you can read my bio on it.

You can send to my Paypal account: james.arendt@deeptruths.com

Because Deep Truths is not an official charity recognized by Paypal, please do not designate the funds as a "donation" for Paypal has rules against non-registered charities receiving gifts. It should be designated for "services rendered without shipping."

I hope you find this website a blessing.

Sincerely in Christ,
James Arendt
Webmaster of Deep Truths in Niigata City, Japan.

Comments

No comments yet.

Add Comment

* Required information
(never displayed)
 
Bold Italic Underline Strike Superscript Subscript Code PHP Quote Line Bullet Numeric Link Email Image Video
 
Smile Sad Huh Laugh Mad Tongue Crying Grin Wink Scared Cool Sleep Blush Unsure Shocked
 
1000
Out of 56, 14 or 27, which is the smallest?
 
Enter answer:
 
Notify me of new comments via email.
 
Remember my form inputs on this computer.
 
 
Powered by Commentics

Activated MagazineIf you'd like more inspirational material,
subscribe to Activated! Each issue deals with topics that count, such as:

- Faith
- Love
- Prayer
- Success with People
- The Future
- Marriage
- Parenting

...and much more--all in terms that are relatable and easy to follow. Personal accounts from active Christians around the world confirm that God is still alive and working just as wonderfully as ever on behalf of those who love Him.

Put that power to work for you! Connect with the source of love, happiness, peace, freedom, contentment, and the rest of the best life has to offer--God, who the Bible says is love. Change your life! Change your world! Get activated!

Visit www.activated.org

Email E-mail this link to your friend! Email
Enter recipient's e-mail:


Did this page make you either mad, sad, or glad? Please tell me about it! E-mail: webmaster@deeptruths.com


Deep Truths Home | Top of page